2019年4月号のAnchor-アンカー-に株式会社未来の社長インタビューに掲載されました。

タレントの黒田アーサー氏を招き、地球環境の未来と自家消費型太陽光発電システムについて対談をさせていただきました。

株式会社 未来
代表取締役 石井隆康

安心・安全な再生可能エネルギーとして太陽光発電システムの導入を提案し、
多くの信頼を紡ぎながら、一歩ずつ歩み進めている石井社長。
地球環境のため、次世代を担う子どもたちのため、そして地球の発展のために、
100%自然エネルギーで賄う未来を実現する――。
石井社長を突き動かすのは、高い使命感だ。
その使命感を堅持し、飽くなき挑戦を続けていく。


「100%自然エネルギーで賄う未来。
その実現のため、挑戦し続けます」

取材雑誌はこちらからご覧になれます

作った電気は「売る」から「使う」へ――
自家消費型太陽光発電システムを広めたい

太陽光発電システムの新たな潮流として大きな注目を集めている「自家消費型」。従来の「作った電気を売る」という時代から、「電気を自給自足ですべて賄う」という時代にシフトしているのだという。そんな自家消費型太陽光発電システムの導入を提案しているのが、福岡県筑紫野市に拠点を置く「未来」だ。タレントの黒田アーサー氏が、地球環境や地域の未来を見据える石井社長にお話を伺った。

雑誌より一部抜粋

取材雑誌はこちらからご覧になれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です