お問い合わせ

お知らせ

News

更新日付2022年02月11日

まだ間に合う!?太陽光発電のメリット6選!

まだ間に合う!?太陽光発電のメリット6選!
太陽光発電のメリットと言えば環境に優しい・電気代を節約できるなどが想像できますが、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか?太陽光発電の売電価格が低下していることや、設置するにはお金がかかるなど、不安もあります。その不安以上にお得なメリットは?

一昔前は「売電収入」が流行っていましたが今からでも遅くはないのでしょうか?今から太陽光発電設置を考えている方へ、太陽光発電のプロが、本当におすすめする太陽光発電のメリットをわかりやすく且つ具体的に説明します。

太陽光発電のメリット1 電気代の削減が可能

太陽光発電でまずあげられるメリットとして「電気代の削減」があります。オフィスや自宅の毎日の活動を支える「電気」。太陽光発電でつくった電気を自宅で使うことを、「自家消費」といい、太陽光発電を取り入れることで大幅に電気代を節約することができると言われています。電気料金は値上げ傾向にあるため、自家消費による節約効果はますます大きくなるでしょう。

太陽光発電の基本的な仕組みは「日中は太陽光発電でつくった電力を使い、夜は買った電力を使う」というものですが、蓄電池を使うことによって夜も電気を買わず自家消費で補うことができます。つまり日中の電気代「0円」、更に蓄電池を利用して夜の電気を補うと実質1日の電気代は「0円」になります。今まで通りの生活で、使う電気量に大きな変化が無ければ電気料金値上げのダメージに影響されることはありません。

太陽光発電システムの設置費用が高くつくと考えられますが、図のように長い目で見ると費用を回収し電気代節約につながる先行投資として考えられます。

図 電気代の削減 太陽光発電のメリット電気代の削減

太陽光発電システム導入費用と光熱費削減+売電による利益いつから黒字になるのかシミュレーションしたい方は未来へお気軽にご相談ください

太陽光発電のメリット2 余った電気は売電できて収入が得られる

太陽光発電では自家消費で余った電力は、電力会社に買い取ってもらえます。 売電価格は年々下がっていると言われていますが、固定価格買取制度(FIT制度)により、住宅用太陽光発電でつくられた電力は、10年間同じ価格での買い取りが保証されています。この間は売電単価が下がらず、安定的な収入が見込めるのです。
では、現在(2022年時点)でどのくらい売電が実現できるか見てみましょう。

例1:共働きで日中はほとんど外出しているご家庭
太陽光発電1年間の光熱費シミュレーション1

共働きのため昼間はほとんどご自宅にいないご家庭の場合、昼間に発電した電気のほとんどを売電に回すことができます。日中の電気代を削減し、売電収入を多く得ることができるため、売電収入で得られた分はローンのお支払いに回すことが可能です。

例2:子育てやテレワークなど昼間にたくさん電気を使うご家庭
太陽光発電1年間の光熱費シミュレーション2

専業主婦や子育て世代の方、在宅ワークなどで、昼間にたくさん電気を使うご家庭では、発電した電気を有効活用して電気代をお得にすることができます。月々の支払いを無理のない範囲で設定することで、今の生活をほとんど変えることなく、家計を圧迫せずに設置することが可能です。

例3:日中のみ稼働している工場の場合
太陽光発電1年間の光熱費シミュレーション3

このようにご家庭や会社の状況によって様々ですが、売電収入によって利益を得ることができます。ご自身の利用状況ではどのくらいの売電が可能になるか気になった方はお気軽に未来(未来お問合わせフォーム)にご連絡ください。

太陽光発電のメリット3 災害時にも電気が使えて安心

太陽光発電システムを利用すると、電力会社からの給電に頼らずに自家発電ができます。このシステムを使えば、災害・停電時の非常用電源として活用することが可能です。
停電時には太陽光発電システムによって、テレビやラジオ、扇風機、携帯電話の充電など複数電気機器の同時使用も可能になります。

図 未来が提案する災害時に向けた太陽光発電+蓄電池のチラシ
未来が提案する災害時に向けた太陽光発電+蓄電池

しかし、そんな太陽光発電システムにも弱点があります。それは、太陽が沈む夜間は発電できないという点です。そんな時に役立つものが「蓄電池」です。太陽光発電を考えている方は一度耳にしたことがあるかもしれませんね。蓄電池は太陽光発電システムの弱点を克服するために必要なアイテムです。
蓄電池を簡単に言うと、スマートフォンなど向けの、充電式モバイルバッテリーのようなものです。

図 未来が提案する格安で提供する蓄電池のチラシ
未来が提案する格安で提供する蓄電池

陽光発電のメリット4 国(環境省が中心となって)が取り組んでいるCO2排出削減への貢献

近年、異常な豪雨による自然災害や気温の上昇など、私たちの生活の中で身近に地球温暖化の影響を感じることが多くなりました。
「環境に配慮した生活を送りたい。」と、環境のために、太陽光発電の設置を考えたことがある方もいると思います。

太陽光発電は、CO2の排出が無く, 燃料費もかからないクリーンな発電システムですが、 製造〜廃棄時には一定量のエネルギーが必要になり、エネルギーの消費に伴うCO2がどうしても排出されてしまいます。このCO2排出に相当するエネルギー分を帳消しにできるタイミングが早ければ早いほど、より環境負荷が少ないとされています。

この期間はCO2ペイバックタイムと呼ばれていますが、現状、太陽光発電の推定稼働年数は約30年と言われています。そして、太陽光発電システムのペイバックタイムは約1〜2年とされているので、1〜2年間稼働させた時点で、製造から廃棄までのCO2排出量を実質0にすることができ、さらに28〜29年間はCO2排出量0の自然エネルギーを使い続けられるのです。

来だからできる!太陽光発電のメリット1 1人1人の担当者がエキスパートなので不安を解消できる

通常、太陽光発電を設置しようとするとたくさんの工程・各担当者との打ち合わせが入り、面倒だと感じる方が多く見られます。

図.太陽光設置の流れ
太陽光設置の流れ

株式会社未来のスタッフは設計から工事までを一貫してできるスキルを持っている為、複数の担当スタッフと打ち合わせの必要が無く、お客様からのご要望に対して最適な提案をさせて頂くことができます。

未来だからできる!太陽光発電のメリット2 デメリットも含めて細かく説明をします

残念ながら、太陽光発電の悪徳業者というものがあります。「上手い事言われて高い値段で売りつけられた」「太陽光パネルが家には向かなかった事に設置後気づいた。業者はわかっていたはず…」など太陽光発電のメリットのみをお伝えし、実際には「失敗した」と思われるお客様も多く存在します。

私たち未来は太陽光発電のメリット・デメリットをわかりやすく説明する事を心掛けており、お客様へご納得いただけた上で販売します。ささいな疑問や不安なことはご遠慮なくお申し付けください。

News一覧に戻る 前の記事を読む 次の記事を読む
092-408-9801 受付時間9:00~18:00(土・日・祝日休み)